入居までの流れを押さえよう|介護付有料老人ホームの特徴を知ろう

介護付有料老人ホームはこうやって入居できる

入居までの流れを押さえよう

女の人

メールかもしくは電話で問い合わせをする

入りたい介護付有料老人ホームが見つかったら、問い合わせを行い資料請求をします。氏名と物件の名前、電話番号やメールアドレスを記入すれば、数日後に届きます。比較のために複数から資料請求すると絞り込みたい時に便利でしょう。また、受けたいサービスや設備の充実性など、好みに合っているかもこの時に判断します。

絞り込んだら見学をする

資料請求後、実際に施設の様子を見学して再度検討し直します。この時に施設で働くスタッフへ費用のことや医療設備のこと、生活に関する悩みを尋ねることができます。さらに一日だけの見学だけでは物足りないと感じたら、泊まり込んで施設の良いところと悪いところを徹底的に調査できます。なお、宿泊する場合は健康診断書の提示が求められるので忘れずに準備しましょう。

気に入ったら契約

いくつもの体験見学を終えた後に「ここでお世話になりたい」場所が広島市で見つかったら契約をします。この時、入居前に支払う費用や毎月かかる金額をしっかり把握しておく必要があります。後は、返金の有無も契約書を再度見直し、チェックしておきましょう。すると入居後の金銭トラブルを回避できます。

待ちにまった引っ越し

無事審査が通り、入居が決まると引っ越し作業に移ります。使用頻度が高い洗面台用品や衣類は、入居する前に準備しておくと忘れないでしょう。施設によっては生活用品がすでに備え付けられていたり、家具家電は入居者側が用意したりすることもあります。

入居が決まった人の声

審査に通るかひやひやしたけど

妻の介護をしていたのですが、体調を崩してしまったので自宅での介護をあえなく断念し、施設に入居させることに決めました。手続きも施設側のサポートがあったお陰で一か月で終了し、入居が決まった時は本当にほっとしました。

気になる入居条件

介護付有料老人ホームは、特性施設入居者介護する場所として認知されているので、その理由から介護保険が適用される65歳以上を対象にしています。また、介護に精通する施設であれば要介護1以上と認定されているかも入居前にチェックされます。